タロット占い

タロット占いは自分でできる占いの方法の一つでもあります。


タロット占いでは、タロットカードの種類によって行う方法も占えることも違っているのですが全部で78あるカードを使って占っていきます。


78枚のカードというのは一つ一つに絵が描かれていますが、とても意味のある絵が描かれています。


タロット占いを行う場合には、相談や悩みに合った展開方法を利用してカードを並べて行きます。


カードを並べる場所も、過去、今、将来といったように意味が一つ一つあります。


そしてどこの場所にカードが出てきたのか、正しい位置なのか、逆の位置なのかによっても占いの結果が違ってきます。


そうした面などを見ながら、さらにカードをめくって勘やインスプレーションを使いながら悩み事の解決策やどうすればいいのかなどのメッセージをタロットカードから読むことになります。


タロット占いはどちらかと言うと、ごく近い将来を占うことに向いていますから、何年も先のことを占ってみたり人生全体のことを占うのではなくて、すぐに決めなければいけないことや、何か選択に困っているという場合などに占ってみるといいと思います。


タロット占いの使うカードは、22枚のメジャーなカードと、マイナーなカードが56枚用意されています。


それぞれに意味のある絵が描かれているのが特徴です。


タロット占いは自分でもやり方を勉強すれば出来るようになります。


良く当たる占い師のタロット占いなどもあり、有名で、通っている人もいるようです。

posted by 風水・占い本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(1) | 占い